関西テニススクール&テニスコート

関西のテニススクールやテニスコートを紹介します。

テニスサークルや仲間募集の探し方

f:id:hokuse2tennis:20170930000229j:plain

テニスが楽しくなってくると、テニススクールのレッスン以外にもテニスをしたくなります。

多くの場合は、スクールで仲良くなったテニス好きな人に誘われて一緒にやったり、その繋がりで別の知り合いが増えたりしていくことが一般的かと思います。

しかし、スクールに通っていなかったり、スクールで知り合う人がそういったタイプじゃない場合は、なかなか交流が広がっていきません。

学生時代にテニスをやっていた人も、いざ社会人になると、学生時代のテニス仲間も忙しくなっていて疎遠になったり、テニスの機会も減っちゃってますよね。

そういった意味では、スクールに通っている人の方がチャンスは多いですが、多少敷居が高いと思っても、積極的に上のレベルのクラスに挑戦していけるといいですね。

やはり、レベルが高いクラスほど、意欲的な人も多いので、そういったプライベートでのテニスの誘いを受ける機会も多くなります。

もちろん、初心者の人は、同じ初心者レベルの人同士で交流ができれば、実力の近い人と技術を磨いていけるというメリットはあります。

でも、まだテニスを始めたばかりの人はスクールのレッスンだけで精一杯ですし、自ら交流を持ったりできない人も多いようです。

また、スクールでテニスするだけで十分っていう人が大半ですし、意欲的でもなかなか一緒にする機会が実らない人も出てきます(社交辞令な感じで話に乗ってくれたときとか)。

その場合は、テニスサークル(ここで言うサークルは大学のサークルとは違いますのでご注意を)と言う名の、テニス仲間募集情報を探してみるのもいいかもしれません。

ネット上でテニス仲間を探す

今の時代、テニス仲間を探すのであればネットが手っ取り早いです。

主要なメンバー募集サイトもいくつかありますし、海外の人も参加しやすいグローバルチックなサイトもあります。

自分の都合に合わせて、合ってそうな集まりや日時を選んで参加すればいいですし、そこが楽しければ何度も参加してみたらいいと思います。

逆に集まりがいまいちだったり、嫌な思いをしてしまったら、その集まりに参加しなくていいわけですから、比較的自分の思い通りに活動できます。

まあ、主催者も楽しくやりたいと思っているので、そんなに嫌な思いをしたりすることはないと思いますけどね。

自分が思っていたレベルと大きく実力がかけ離れていたとか、年齢層が大きくズレていたとか、男女比率が偏っていてあまり実力を発揮できなかったとか。

合わないとしたら上記のようなことでしょうか。

ネット上でテニス仲間が探せる日本全国版サイト

さて、ネット上でテニス仲間が探せるサイトですが、人が多く見てそうなのが、国内最大の総合テニス専門サイトと言われている「tennis365.net」のサークル検索コンテンツです。 tennis365.net

都道府県別はもちろん、その他にも細かく条件指定しての検索が可能なので、自分が行動できる範囲の集まりが見つけやすいです。

2 ヶ月くらい先までの予定が書き込まれているので、早めに参加意思を表明することもできますし、直前でも募集人数に空きがあれば緊急参戦もできます。

あとは、場所や時間、求められているテニスレベルやメンバー条件がマッチすれば、喜んで受け入れてもらえるでしょう。

ネット上でテニス仲間が探せる地域特化型サイト

また、地域に特化したテニスメンバー募集サイトもあります。この場で紹介するのは関西地域のサイトになりますが、他の地域でも似たようなサイトはあると思うので探してみてください。

関西地域の場合は、関西テニスネットの「テニスメンバー募集BBS」が比較的書き込みがありますね。 テニスメンバー募集BBS

地域が限定されていると情報も探しやすいのでオススメです。

このサイトでも北摂地域のテニスコート情報は紹介していますが、テニスコートやコートの種類、設備などから検索もできるといいのですけどね。

そういった情報は、公式な情報が集めにくくデータベース化しにくいので、口コミ情報が重要かもしれませんね。

ネット上でテニス仲間が探せるグローバル型サイト

テニスに特化したサイトではないですが、テニスを通して海外の人とも交流したいと思っている人に向いているサイトもあります。

それが、仲間を見つけようがコンセプトの「meetup」になります。 meetup

海外発のサイトなので、日本人向けの UI とは言いにくいですが、逆に似たような人が集まりやすいかもしれません。

大阪のテニスサークスは複数創設されており、毎週のように大阪市内や豊中市内でイベントが行われています。

比較的アクティブなサークスの部類になるのかもしれませんね。

他の地域でも、似たようにサークルは創設されていると思います。

私も、このサイト経由ではなく別の人からのお誘いで、このイベント(私が誘われたのは「OSAKA TENNIS LOVERS」という集まりでした)に参加したことがあります。 その際も、海外の方が 3 人くらい参加されていて、すごくグローバルな感じの印象を受けました。日本語を話せる人も多いですが。

英語で少し会話ができるようになりたいという目的で参加するのもいいですし、テニスを通じて海外の人と交流を持ってみたいという気分でもいいと思います。

その時のメンバー次第でがっつりテニスをする場合もあるでしょうし、初心者が多い場合は練習メインにしたりと、主催者の人もテニス経験豊富な方なので、その辺はうまく配慮してくれると思います。

テニスサークルを通して言えること

このようなサークルに限らず、仲間内での集まりや、家族で楽しまれている方など、テニスコートを利用されている人たちは様々です。

でも、プライベートでテニスコートを利用している時に、同じスクールの人に出会ったり、別のテニス仲間に出会ったりと、意外にテニス好きな人も狭い世界だなっと思います。

サークル自体は人数が増えれば増えるほど、人間関係などまとめるのが大変になるでしょうが、その辺は主催者の腕の見せ所ですね。

やはり、大所帯になってくると、「誰々さんはラリーが続かないから呼びたくない」とか、「誰々さんが来るなら行かない」など、平気で和を乱す人もいるとよく耳にします。

人間関係を壊してしまうと、狭い世界ですし、今後がやりにくくなるので、いい大人ですし、良好な関係でテニスを楽しめるといいですね。