関西テニススクール&テニスコート

関西のテニススクールやテニスコートを紹介します。

テニススクールとテニスサークルの両立と今後の目標

f:id:hokuse2tennis:20171019234008j:plain

このブログでは、これまでに、主に北摂地域のテニスコートやテニススクールについてまとめてきました。

そもそもの目的は、自分のテニスの上達のためでしたが、そこがすっかり抜けていたので、今後はテニス日記を付けていこうかなっと思っています。

実は、今年はテニススクールを変えようと思っていたのですが、最初に通っていたスクールの解約が半年スパンの契約だったので、タイミングを逃して今に至ります。

よって、結果的に通うスクールが増えて、現在は 2 つのスクールを掛け持ちしている状態なのですが、どちらのスクールも一長一短です。

料金(費用)、施設の充実、コーチ、受付の対応、人間関係などなど、比較したらキリがないですが、ベストというものはありません。

結局は、自分のテニスが充実していたら、そんなの関係なしに楽しいものです。

続きを読む

初心者がテニスを始めて2年経過して思ったこと

f:id:hokuse2tennis:20170930002407j:plain

テニスを始めて2年が過ぎました。

この 2 年間でテニスについて調べたこと、覚えたことなどをまとめておきたいと思います。

乗馬をやめてから、何かスポーツをしたいなって思っていた頃に、錦織の全米オープンの決勝戦が印象的でテニスに興味が湧きました。

その半年後くらいに、職場にテニスをやっている人がいて、その人に触発されてスクールに通うことにしました。

最初は何もかもわからない状態なので、とりあえずスマホで「テニスショップ」を検索することから始め、早速最寄りのテニスショップへ。

ラケットやシューズも、店員さんと相談しながらあっさりと決めていき、全くの知識なしで始めた記憶があります。

続きを読む

初心者、初級者、初中級者のレベルの目安とは

f:id:hokuse2tennis:20170930001140j:plain

自分の実力ってどのくらいかハッキリ言えますか?

テニススクールの場合、スクール内でランク分けがされているのが一般的ですが、「初心者」「中級者」「上級者」のような大雑把なものではなく、スクール独自のランク設定がされているところが多いと思います。

ランクの認定もスクールのコーチが独自に判定するので、初めてテニスをする人は必然的に一番下のクラスになると思いますが、経験者についてはコーチの判断に依存することになります。

一方、メンバーを募ってレンタルコートでテニスをしたり、草トーナメントのような試合では、「初級」「初中級」「中級」「中上級」「上級」「オープン」など、こちらも曖昧な表現となっています。

続きを読む

テニスサークルや仲間募集の探し方

f:id:hokuse2tennis:20170930000229j:plain

テニスが楽しくなってくると、テニススクールのレッスン以外にもテニスをしたくなります。

多くの場合は、スクールで仲良くなったテニス好きな人に誘われて一緒にやったり、その繋がりで別の知り合いが増えたりしていくことが一般的かと思います。

しかし、スクールに通っていなかったり、スクールで知り合う人がそういったタイプじゃない場合は、なかなか交流が広がっていきません。

学生時代にテニスをやっていた人も、いざ社会人になると、学生時代のテニス仲間も忙しくなっていて疎遠になったり、テニスの機会も減っちゃってますよね。

そういった意味では、スクールに通っている人の方がチャンスは多いですが、多少敷居が高いと思っても、積極的に上のレベルのクラスに挑戦していけるといいですね。

やはり、レベルが高いクラスほど、意欲的な人も多いので、そういったプライベートでのテニスの誘いを受ける機会も多くなります。

もちろん、初心者の人は、同じ初心者レベルの人同士で交流ができれば、実力の近い人と技術を磨いていけるというメリットはあります。

でも、まだテニスを始めたばかりの人はスクールのレッスンだけで精一杯ですし、自ら交流を持ったりできない人も多いようです。

また、スクールでテニスするだけで十分っていう人が大半ですし、意欲的でもなかなか一緒にする機会が実らない人も出てきます(社交辞令な感じで話に乗ってくれたときとか)。

その場合は、テニスサークル(ここで言うサークルは大学のサークルとは違いますのでご注意を)と言う名の、テニス仲間募集情報を探してみるのもいいかもしれません。

続きを読む

テニススクールの練習イベントには参加するメリットがある

f:id:hokuse2tennis:20170929235406j:plain

テニススクールのホームページを見てみると、スクールへの入会やレッスンスケジュールの他にイベント情報が掲載されているところが多くあります。

このイベント、大きくスクール内の大会(試合)と通常レッスンの延長線である特別レッスン(練習イベント)に近いものに分かれます。

テニススクールに通っている人の多くは、レッスンの回数も週 1 回または 2 回くらいだと思いますが、「ちょっと物足りないな」とか「普段とはもっと違うことを習ってみたい」と思っている人も多いと思います。

そこで、スクールには休校日や人が多く集まりそうな日曜日に練習イベントを開催しているところが多いです。 例えば「3時間みっちり基礎レッスン」や「ゲーム三昧レッスン」「半日レッスン」「100%サーブが入るようになるレッスン」など、テーマに沿ったものが多い印象です。 テーマと自分の課題がマッチするなら参加する価値は大きくなります。

続きを読む